帰省手段として格安航空券のスカイマークを活用する

帰省はとてもワクワクするものです。しかし、帰省ラッシュの混雑は凄まじく、どの交通手段でも免れることはできません。そんななか、近年話題を集めているのが、格安航空券スカイマーク飛行機です。格安飛行機であるため、安く移動ができると人気を集めています。この記事では、そんなスカイマークのルートについて記述していきます。

skymark9

★スカイマークで東京(羽田空港)から帰省する

格安航空会社の代表格とも言えるのが、『スカイマーク』です。そんなスカイマークの主要拠点である場所が、東京(羽田空港)です。
そんな東京からのルートは多岐に渡り、札幌(新千歳空港)、神戸(神戸空港)、福岡(福岡空港)、鹿児島(鹿児島空港)、沖縄(那覇空港)まで行くことができます。フライト後の空港から、別の交通機関を使えば、様々な土地へ効率的に格安で移動することができますよ。

★スカイマークで神戸(神戸空港)から帰省する

スカイマークの関西拠点は神戸です。残念ながら大阪の空港からフライトすることはできませんが、神戸空港までのアクセスもいいため、利用してみるといいでしょう。Skymarkを利用すれば、神戸から、東京(羽田空港)、茨城(茨城空港)、札幌(新千歳空港)、長崎(長崎空港)、鹿児島(鹿児島空港)、沖縄(那覇空港)までフライトすることができます。

★スカイマークで名古屋(中部国際空港)から帰省する

名古屋の場合、中部国際空港(セントレア)からのフライトが可能です。札幌(新千歳空港)、沖縄(那覇空港)へフライトすることができます。中部国際空港はとてもきれいで、オシャレなカフェなどもたくさん点在しています。空港自体が観光地で、少し早めに到着して楽しんでみるのもいいですよ。

★まとめ

格安航空券のスカイマーク飛行機を活用すれば、効率的に帰省をすることができます。特に、東京、神戸、名古屋からの便は多いため、とても人気を集めています。格安航空券であることから、人気が殺到し、混雑することもあるため、余裕を持った予約が必要です。フライト後に他の交通機関を利用する場合、そこでも混雑することが予想されます。帰省時の交通移動は、とにかく早めの準備が大切だと言えます。少しでも早めの予約を忘れないようにしましょう。

スカイマークで帰省 余裕を持った予約を

格安航空会社であるスカイマーク。スカイマークを活用すれば、日本各地へ格安航空券を使用して搭乗することができます。もちろん、立派な飛行機であるため、所要時間は他の航空会社と変わりありません。他の航空会社と移動時間に変わりがないからこそ、帰省時期は大変混雑が予想されます。余裕を持ったて航空券を購入しましょう。

★帰省日程がわかる時期は早いほどいい

ギリギリにならないと帰省時期がわからない場合に、スカイマークを利用するのは注意が必要です。いざ帰省時期がわかって航空チケットを予約しようと思っても、満員でフライトできないという例が多々あります。そうなってしまうと、満員電車の中を立って帰省したり、高速道路の渋滞の中を辿って帰省しなければいけないという状況になってしまいます。できるだけ早く帰省の日程を把握し、余裕を持った予約ができれば、帰省時期でもスカイマークを利用することができます。

★ネット予約を活用しよう

スカイマークの航空券は、ネットで予約かのうです。パソコンではもちろんのこと、スマートフォンからも手軽に予約できるのは、嬉しいところです。家や会社にいながら空席を把握することもできるので大変便利ですよ。特に、帰省の時期に融通をきかせることが可能な場合、割引制度と照らし合わせて、よりリーズナブルに航空券を予約することができます。

★『早割』を上手く利用したい

スカイマークの航空券は、早割価格を設定しています。特に『SKYバーゲン45』が人気で、45日以上前に予約をすることで、普通交通費用の半額以上の値引きを受けられることもあります。帰省の混雑を見越して早めに航空券の予約をする場合、せっかくですから45日以上前に予約をして、より激安価格でのフライトをしてもらいたいものです。値段価格が浮いた分、お土産を豪勢にすれば、きっと喜ばれることでしょう。

★まとめ

帰省ラッシュの時期は、スカイマーク飛行機の混雑が予想されます。帰省ラッシュと重なる場合は、余裕を持って航空券を購入しましょう。また、スカイマークの航空券には、早割価格があります。特に人気の『SKYバーゲン45』を購入すれば、半額以上の値段にすることもできるので活用を検討してみてください。もちろん、航空券はネット予約が可能です。空席照会もできるため、上手く使ってみてください。

フライト前の時間を有効活用しよう

飛行機に乗るには時間がかかるため、どうしても空港内で暇な時間ができてしまいます。たまにしか利用をしない場合は、慣れない手続きが不安なため、余計に早く着いてしまいますね。そんなときは、空港内を思いっきり楽しんで、時間を有効活用してみてはいかがでしょうか。

★空港は観光地化している

多くの空港は、楽しむことができるように工夫されています。現在では、飛行機に乗らない地元住民が、わざわざ空港に遊びに訪れるほどの充実ぶりです。特に、ショッピングとして空港を活用するのは面白く、さまざまなお店が点在しています。もちろんオシャレな飲食店や、かわいいカフェもあるので、疲れたときでも安心です。お土産を購入することもできるので、より時間を有効活用できますよ。

★空港内のホテルで、早朝便に備えられる

多くの空港内には、ホテルが点在しています。多くの外国人が利用するため、日本のイメージを良くしようと、より掃除が行き届いている印象です。そんなホテルを活用することで、早朝便へのフライトも、時間に余裕を持って行えるようになります。自宅から早朝便を利用するとなると、相当早い時間に起きなければいけません。そんなストレスを、上手く解消してくれるのが、空港内のホテルなのです。

★『羽田空港』『中部国際空港』『神戸空港』は都市から近い

 Skymark飛行機の主要拠点である、『羽田空港』『中部国際空港』『神戸空港』は、鉄道も乗り入れており、都心部からのアクセスも抜群です。どの空港も都心部から約30分で行けてしまうため、フライト数時間前まで都心部に滞在することも可能です。大阪府内の空港や、成田空港からは、Skymark飛行機を利用できないので注意が必要です。

★まとめ

この記事では、フライト前の時間の活用法を紹介しました。現在の空港は、特にショップが充実しているため、ショッピングやカフェなどで効率よく時間を潰すことができます。また、遠方から空港を利用する場合や、フライト時刻が早朝である場合は、空港内のホテルに宿泊することで、余裕を持ったフライトをすることができます。スカイマーク飛行機の主要拠点である、『羽田空港』『中部国際空港』『神戸空港』へは、都市部から30分程度で空港まで行けてしまうため、より時間を有効活用する術が溢れています。

スカイマーク 便利な荷物預けについて

帰省時には荷物がたくさん。飛行機に乗る前に預かってもらうひとも多いです。航空会社ごとに、サイズ制限などのシステムが違うため、戸惑ってしまうものです。Skymark飛行機は、比較的システムが緩和的で、お客様本位のサービスを受けることができると話題を集めています。

★20分前までに預ければ大丈夫

スカイマークの場合は、フライト20分前まで、荷物を預けることができます。他の飛行機会社を利用した場合は、「30分以内までにしか荷物を預けることができない」ということもあります。空港内は結構楽しくて、あっという間に時間が過ぎていくものです。お土産などを選んでいると、フライト時間直前になってしまうことも珍しくありません。そのため、20分まで待ってくれると言うのは、結構便利で嬉しいものですよ。

★荷物の個数制限なし!

スカイマークなら、キャリーバッグ何個でも、預けることができます。「キャリーバッグは1個だけ」と思っている人が多々おり、荷物を一つにまとめがちですが、スカイマークならその様な手間も必要ないのです。もちろん、1個当たりの大きさ制限はありますが、一般的なキャリーバッグであれば、問題なく預けることができるでしょう。(50cm×60cm×120cm以内に収めることで預けることができます。)

★重量制限も緩和的♪ 20kgまでは無料!

重量制限に悩むこともありません。20kgまでは無料で、多くの場合は20kgに収まることでしょう。また、20kgを超してしまった場合でも、10kgごとに追加の料金を支払うことで、預かってもらうことが出来ます。追加料金を支払っても、100kg以上は預かってもらえないので注意が必要ですが、よほど大荷物にならない限りは、100kg以上になることは無いでしょう。

★まとめ

スカイマーク飛行機を利用する場合、フライトの20分前まで荷物を預けることができます。サイズは50cm×60cm×120cmで、個数制限は設けておりません。多くの旅行カバンは、50cm×60cm×120cm以内に収まるので、安心して預け可能です。重量制限は100kg以内となっており、20kg以内であれば無料で預けることができます。20kgよりも多い場合は、10kgごとに1,000円の値段価格を支払うことで預かってもらえます。
ただでさえ格安であるのに、荷物制限にまで緩和的なスカイマーク飛行機。帰省時には、ぜひ利用したいものですね。

飛行機内での充実した過ごし方

飛行機内は貴重な空間です。数時間の搭乗時間を有意義なものにすることができれば、気分よく帰省をすることができます。飛行機内ではなにをするか様々ですが、この記事ではその代表的な楽しみ方を紹介していきます。

★食事を楽しむ

せっかくの空の旅。機内の雰囲気や空の景色を楽しみながら飲食をすれば、とても充実した時間を過ごすことができますよ。
空港内で購入した飲食物を飛行機内で食べるだけでも、特別な時間を感じることができます。空港内では各国の珍しいお菓子なども販売されているので、早めに空港に行ってみるといいですよ。また、スカイマーク飛行機内でも、様々な飲食物が販売されています。お酒(ビールなど)を筆頭にジュースやお菓子類が、手軽な値段価格で売られているので、気軽に楽しむことができます。

★帰省後に備えて、安静に過ごす・・・

 帰省後は意外と疲れるものです。特に、到着日に親戚等の集まりがある場合はなおさらです。そんなときには、『飛行機内では安静に過ごす』に尽きます。
 アイマスクや耳栓を事前に購入しておけば、より疲れをとることができますよ。それらは空港内に売っていますので安心です。また、スカイマーク飛行機では、毛布貸し出しサービスがあります。フライト中に寒さを感じてしまったときに重宝できるとともに、心地良さも得ることができるので、ぜひ活用したいものです。

★読書やゲーム、せっかくから意味のある時間を・・・

 飛行機内では、なんとなく過ごしてしまう人が多いようです。しかし、数時間の移動時間であるので、せっかくですから意味のある時間にして欲しいものです。
 飛行機内で楽しめるものの代表例として、『読書』が挙げられます。せっかくの機会に、ゆっくりと読書をしてみると、あっという間に時間が過ぎていきますよ。スマホゲームなどもいいのですが、飛行機に慣れていない人は酔ってしまうこともあるので、注意が必要です。ちなみに、スカイマーク飛行機は機内serviceとして『飴無料配布サービス』を行っています。もしも、酔ってしまったときには、ぜひ利用してみてください。

★まとめ

 この記事では、飛行機での過ごし方について紹介していきました。せっかく飛行機に乗るのですから、有意義な時間を過ごしてもらいたいものです。
 機内で飲食を楽しんだり、読書を楽しんだり、睡眠をとったりと、その過ごし方は千差万別です。ぜひ自分らしい飛行機での過ごし方を実行して、いい気分で帰省先まで行きたいですね。

Copyright (C) 格安航空券のスカイマークが帰省や出張に大人気の訳をご紹介 All Rights Reserved.