スカイマーク 便利な荷物預けについて

帰省時には荷物がたくさん。飛行機に乗る前に預かってもらうひとも多いです。航空会社ごとに、サイズ制限などのシステムが違うため、戸惑ってしまうものです。Skymark飛行機は、比較的システムが緩和的で、お客様本位のサービスを受けることができると話題を集めています。

★20分前までに預ければ大丈夫

スカイマークの場合は、フライト20分前まで、荷物を預けることができます。他の飛行機会社を利用した場合は、「30分以内までにしか荷物を預けることができない」ということもあります。空港内は結構楽しくて、あっという間に時間が過ぎていくものです。お土産などを選んでいると、フライト時間直前になってしまうことも珍しくありません。そのため、20分まで待ってくれると言うのは、結構便利で嬉しいものですよ。

★荷物の個数制限なし!

スカイマークなら、キャリーバッグ何個でも、預けることができます。「キャリーバッグは1個だけ」と思っている人が多々おり、荷物を一つにまとめがちですが、スカイマークならその様な手間も必要ないのです。もちろん、1個当たりの大きさ制限はありますが、一般的なキャリーバッグであれば、問題なく預けることができるでしょう。(50cm×60cm×120cm以内に収めることで預けることができます。)

★重量制限も緩和的♪ 20kgまでは無料!

重量制限に悩むこともありません。20kgまでは無料で、多くの場合は20kgに収まることでしょう。また、20kgを超してしまった場合でも、10kgごとに追加の料金を支払うことで、預かってもらうことが出来ます。追加料金を支払っても、100kg以上は預かってもらえないので注意が必要ですが、よほど大荷物にならない限りは、100kg以上になることは無いでしょう。

★まとめ

スカイマーク飛行機を利用する場合、フライトの20分前まで荷物を預けることができます。サイズは50cm×60cm×120cmで、個数制限は設けておりません。多くの旅行カバンは、50cm×60cm×120cm以内に収まるので、安心して預け可能です。重量制限は100kg以内となっており、20kg以内であれば無料で預けることができます。20kgよりも多い場合は、10kgごとに1,000円の値段価格を支払うことで預かってもらえます。
ただでさえ格安であるのに、荷物制限にまで緩和的なスカイマーク飛行機。帰省時には、ぜひ利用したいものですね。

Copyright (C) 格安航空券のスカイマークが帰省や出張に大人気の訳をご紹介 All Rights Reserved.