帰省手段として格安航空券のスカイマークを活用する

帰省はとてもワクワクするものです。しかし、帰省ラッシュの混雑は凄まじく、どの交通手段でも免れることはできません。そんななか、近年話題を集めているのが、格安航空券スカイマーク飛行機です。格安飛行機であるため、安く移動ができると人気を集めています。この記事では、そんなスカイマークのルートについて記述していきます。

sm

★スカイマークで東京(羽田空港)から帰省する

格安航空会社の代表格とも言えるのが、『スカイマーク』です。そんなスカイマークの主要拠点である場所が、東京(羽田空港)です。
そんな東京からのルートは多岐に渡り、札幌(新千歳空港)、神戸(神戸空港)、福岡(福岡空港)、鹿児島(鹿児島空港)、沖縄(那覇空港)まで行くことができます。フライト後の空港から、別の交通機関を使えば、様々な土地へ効率的に格安で移動することができますよ。

★スカイマークで神戸(神戸空港)から帰省する

スカイマークの関西拠点は神戸です。残念ながら大阪の空港からフライトすることはできませんが、神戸空港までのアクセスもいいため、利用してみるといいでしょう。Skymarkを利用すれば、神戸から、東京(羽田空港)、茨城(茨城空港)、札幌(新千歳空港)、長崎(長崎空港)、鹿児島(鹿児島空港)、沖縄(那覇空港)までフライトすることができます。

★スカイマークで名古屋(中部国際空港)から帰省する

名古屋の場合、中部国際空港(セントレア)からのフライトが可能です。札幌(新千歳空港)、沖縄(那覇空港)へフライトすることができます。中部国際空港はとてもきれいで、オシャレなカフェなどもたくさん点在しています。空港自体が観光地で、少し早めに到着して楽しんでみるのもいいですよ。

★まとめ

格安航空券のスカイマーク飛行機を活用すれば、効率的に帰省をすることができます。特に、東京、神戸、名古屋からの便は多いため、とても人気を集めています。格安航空券であることから、人気が殺到し、混雑することもあるため、余裕を持った予約が必要です。フライト後に他の交通機関を利用する場合、そこでも混雑することが予想されます。帰省時の交通移動は、とにかく早めの準備が大切だと言えます。少しでも早めの予約を忘れないようにしましょう。

Copyright (C) 格安航空券のスカイマークが帰省や出張に大人気の訳をご紹介 All Rights Reserved.